新しいことを体験する

新しいことあればやるのはなかなか勇気がないと思わないですか。特に20代じゃないから挑戦するのも恐ろしいです。でも主婦になった私はいろいろなことをまだやってみたいです。たとえば絵を描くこととかデザインすることとか。でもマニュアルを学ぶより自己流でやってしまうほうが早いものもある。

この前電気屋さんに行ってパソコン専用ペンを買いました。これで特別なソフトウェアで絵を描けるものです。最初はアニマル漫画も描いてみようと思ったけどかなり難しくて描いても描いても気にならない。何回も調整しました。それでも一枚のシーンは一日中かかって完成した。完成率はすごく低かった。でも何回練習したら身に付けた技がもらえると信じる。

営業係長

1

この前箱根の芦ノ湖に遊びに行きました。子供たちは白鳥のボートに乗りたかった。30分で料金は1500円のするね。うちの近くの親水公園なら30分で450円だけです。なかなか観光有名地のいい商売だ。迷ってたけどボートを借りる会社の前で可愛い猫がいたよ。5つのネコは人間に全然怖がらないみたい。触っても平気そうです。私の実家に猫もいるから猫ちゃんが大好きです。首のところが営業係長の札が付いてる何となく猫たちが仕事を頑張ってる雰囲気が伝えてきた。子供たちは実家で飼ったネコに噛まれたことがあるから最初は怖がってた。でものんびりな猫はやはり可愛いからついに触ってしまった。
そしてボートをやはり借りた。猫たち頑張ってるためにみんなさんも芦ノ湖に来たら湖尻にきて!頑張ってる猫に会いに来てね!!

ベビーカー

1

娘は1歳半くらいの時ベビーカーを卒業した。あれ以来ずっと頑張って自分で歩いて疲れたらパパが抱っこしてもらう。息子も2才なる前そうなりました。うちは子供を産む前友達から使ったベビーカーがもらいました。1才になった時やっと初めて自分でベビーカーを買った。もらったのよりもっとシンプルのものです。けどほとんど使ってないです。

先週モールに買い物しました。途中で息子が疲れすぎで寝てしまった。旦那が抱っこしてるけどそろそろ三才になる息子はかなり重たいです。仕方がないからインフォメーションセンターに行ってベビーカーを借りました。息子を置いた瞬間急に起こしてしまった。パパの置き方は下手くそかな。
その後息子は再び歩き出した。今度こそ娘に座らせた。ほぼ3年ぶりに座ったので大変喜んでた。

夏休みの終わり

1

この一ヶ月半の夏休み台湾に帰ってのんびりしました。毎日朝ごはんから晩ご飯まですべてうちの母が用意しましたから何もしなくていいです。お皿だけ洗っといたら終わり。しかも子供たち台湾の幼稚園に一ヶ月入らせたら私が昼の時間非常に自由でした。毎日昔の友達と会って食事をする。約束ない日はおうちで翻訳の仕事を専念でした。本当に愉快な夏休みですね。日本に帰りたくないくらい楽だった(笑)。

成田空港に着いたら本当に心から泣きそうになった。旦那と会ったのはもちろんうれしいですが、これから主婦の仕事をしないとだめですね。妻として母として家事をするのは当たり前のことだ。夢の夏休みは本当に終わった。一か月半ぶりのおうちは相当汚かったから次の日から家政婦の地獄に入った。

四四南村

1

台北に帰って友達と台北101の周辺に遊びに行った。信義エリアなのでかなり賑やかで台北の中心地だと思う。すぐそばにある平凡な村があって都心にあるのはかなり不思議な感じです。そこには昔軍人たちの家族が住んでる場所らしい。政府は都市開発の為に移動したかったけど結局そのまま残った。博物館みたいなところもある。今は人が住んでいないと思う。ただ観光客が写真を撮るためにきれいに整理した。
確かにモデルさんがいてプロのカメラマンも大きい機械を持って写真を撮ってた。村の後ろは台北101がすぐ立ってるのですごく面白い雰囲気が伝えてきた。

昔の台湾がそうだったかな。

中にはカフェもあるのでハードのツアーに偶にのんびり過ごしたいならぜひここにきてみてね。